婚活サイトで結婚相手を見つける方法

婚活は危険がいっぱい

残念ながら、既婚者なのに独身と偽って合コンやお見合いパーティーに出ている人を私は知っています。離婚経験者なのに、それを言い出せずに相手と交際しはじめた人だって何人もいます。

年齢や学歴を偽っている人もごろごろいます。インターネットの出会い系で知り合った男とデlトをはじめたところ、その人が七股かけていたことがわかったというケlスもあります。

「婚約相手が、なかなか親との顔合わせにこないんですが、どうしたらいいでしょうか?」と相談にきた女性がいました。彼女の話を聞き進めていくうちに、どうも質問に対する答えが噛み合ないので、まさかと思い「ところで、彼と最後に会ったのはいつですか?」と問いかけてみました。

すると彼女が自信なさそうにこう一言早フのです。「あの・・・、まだ直接は会ったことがなくて・・・」思ったとおりでした。なんですかそれ?と思いますよね。直接会ったことがないのに婚約者?そうなのです。・じつはこういう事例は増加しています。

ネットで出会った人とのネット上でのやりとりだけで、結婚の話を進めてしまうケlスです。信じられないことですよね。ところが彼女は言います。「でも、何度もテレビ電話でチャットしてきましたから:::」実際に相手の顔を画面越しに見ているから会ったのと同じ、ということになってしまっているのです。ある意味すごいですよね。よくもまあ直接会ったことがない人と、婚約まで話を進められると思います。相手が本当に約束の日に親との面会にくると信じている「純真さ」には同情を覚えます。この彼女は、もう年の頃も三O代半ばで、しかも外資系の投資ファンドの仕事をしているやり手の女性です。それなのに、こと自分の結婚になると、まるで判断力が錆びついてしまうのですから驚きます。

結婚の奴隷になるな!

とにかく結婚ありきの状態になっτしまっていると、うのです。この女性のように理性の植が外れてしまもともと知り合いだったのならまだしも、人生で一度も面識のない人と具体的な結婚の話を進めるべきではないことくらい、中学生でもわかりそうなことです。

どれいところがそうでもない。これこそ私が「結婚の奴隷」と呼んでいる状態です。自由に行動を選択できる人は奴隷ではありません。前述したように、奴隷というのは自由のない人なのですから。

ところが、理性もきかなくなって、結婚というこ文字に引きずられ、まともな判断力を失っている状態は、まさに結婚の奴隷です。えもの結婚というのは一時のパッション(情熱)によって獲物を「獲得」することではなくて、長い人生を「共有」することです。

長く一緒に生きるためには、深いところで相手の考え方や生き方に「同意」できなければ、どだい無理な話ですよね。

ですから、相手のことをよく知りもしないのに、ただ一時の欲求で盛り上がって「一緒にいたい思うのではなく、相手の人となり、価値観などをよくよく知ったうえで「この人となら長い人生を共有できる」と冷静に判断した結果の選択であるべきです。

ところが「何がなんでも結婚ありき」の人は、こんな当たり前なことがどこかにいってしまって、普通の判断ができなくなってしまうのです。ですから、結婚の奴隷になってはいけません。ただ結婚という事実だけを手に入れたとしても、それがいったい何だというのですか?既婚者であるという事実があなたに幸せをもたらすのではないことは、何度言っても言いすぎにはならないでしょう。人は精神的生き物なのです。思い出してください。

Leave a Reply